更年期について

更年期っていつからいつまで?

更新日:

更年期の症状・頭痛

閉経をはさんで45歳から55歳くらいまで

一般的に更年期とは、閉経時期を挟んでカウントされるものなのです。
一般的に前後数年間と言われています。
女性の閉経時期は50歳位が目安になるのです。
更年期が始まる時期はといいますと、意外に早いと思いましたが、45歳位からを言います。

今は45歳の女性はまだまだ子育て真っ最中の方も多かったりと、一昔前の更年期が始まる女性のイメージとは、今は全然違っていそうな気配を感じます。
それだけ、女性の社会進出に伴って女性の生き方も実に多様化したと明確に言えそうです。
そして、今の45歳位の女性はとってもはつらつとしているでしょ。
綺麗ですしね。
外から見た時、更年期の症状が始まっているなんて想像しにくい感じです。

40代で子育て真っ最中のお母さん達が、子供の時代であれば40代になると、子育ては一段落している・・・そんな時代だった思いますが、今は高齢出産という言葉がある様に医学の力も進歩していますから、高齢でも出産が可能になっています。
こうした事からも、産み育てるという行為も高年齢化していると言えますよね。
ですが、こうした現状ってまさに更年期の問題とタイアップして考えてみると、大変な現実であると言えそうです。

 

 

更年期の症状は、女性ホルモンの減少が原因

近年の女性が更年期症状を訴え始める時期についても、年齢に開きが生じてきていると言えます。初潮同様に、閉経も更年期症状についても同じ様な見解を言えそうです。
更年期による体の変化を一番感じるのが月経の時になるのです。
段々と閉経に向かうのですから、月経時が一番感じ取りやすいと言えるもの頷けますよね。
卵巣の機能に変化が出てきて、ホルモンのバランスにも影響を及ぼします。

更年期時期に突入する頃から、月経時出血量がバラバラだったり、極端に少なくなったり、だらだらと続き終わる迄日数がかかる月経だったり・・・これは、まさに個人差の世界ですが・・・そうかと思うと、更年期を感じる事なくピタッと「この月経をもって閉経しました!」といった様にまさにピタッと終る。
そんな閉経を遂げる女性もいるのです。
更年期に入る時期からこうしたホルモンの影響が、女性にとってはしんどい物になるとよく言いますよね?

 

 

忙しくしていると、更年期を感じる事なく過ぎ去る

どういった症状を具体的に感じる事になるのでしょうか?
また、更年期症状を強く感じるタイプの女性、大した事ないって感じる女性がいるもの事実です。様に、人の感じ方の問題なのでしょうが・・・
よく言われるのが、忙しくしている人は更年期を感じる事なく過ぎ去る・・・
専業主婦の方で、在宅時間が多い。自分の事に目を向けている時間が長い・・・
そういった女性は強く更年期を感じやすいと言われています。
忙しくしていると、不快に感じる事にとらわれている時間がない分、更年期を深く受け止めている時間がないので、ある意味ラッキーな事と言えそうですね。
更年期を軽く感じたい時は、忙しくしている方がいいのでしょうね。
専業主婦の方も、更年期で辛いと思った時夢中になれる事を見つけると、更年期症状を忘れる事が出来そうですね。

更年期の症状も辛く感じると、とっても大変な数年間になる様ですから、ホルモンの変化に負けない精神力を付ける事も大切になりそう・・・
ホルモンの変化って、自分ではどうしようもないものです。
長い間排卵を起こしてきた身体が変化する時期ですから、身体に変化が生じて当然かもしれませんよね。
今まで、女性としての役目を果たす為に機能してきた身体に感謝です。
感謝して次のステップに移行させる時期が、更年期突入の時期といった言い方も出来そう。

 

 

ホルモンのバランスと精神面の密接な関係

感謝する時期といった様に捉える事によって、精神的に楽になりませんか?
楽になる事によって、ホルモンのバランスにも深く影響を及ぼしそうです。
更年期の症状を軽減する事に繋がると考えましょう。
ホルモンのバランスと精神面って、密接な関係性を持ちます。

精神的に参ってしまっている…そういった状態だとホルモンバランスも余計に悪くなります。
精神面は自律神経とも関係性が深いものになります。
前向きに物事を捉える事で自律神経も整います。

 

 

心療内科や精神科といったなど専門の病院を早めに受診

逆に、精神不安定な状況では自律神経にも悪影響が大きいと言えます。
更年期時期の女性って、自分ではどうしようもない事態に直面する事もあります。
自分の意識とはうらはらに、悲しくなって涙が止まらない・・・
深く落ち込んでしまう・・・不安な気持ちがとても強くなる。
こういった症状が強く出る時は、自己判断で時を過ごす事は危険です。
専門医の診断が必要になりますよ。
心療内科や精神科といった専門病院を受診して下さいね。

今は、こういった専門の病院も敷居は低くなりつつありますからね。
自分ではどうしようもない、ホルモンの影響によって起る症状ですから、しっかりと診察を受けて、楽になる事が先決ですよ。
早いうちに受診する事によって、軽いうちに治療を開始出来るでしょ。
投薬する事になったとしても、大丈夫ですよ。
必ず辛い時期は乗り越える事が出来ますから・・・
閉経が終わって、ホルモンのバランスが改善される事によって、必ず辛い症状は改善されますから。
それまでの期間、専門医に助けて貰いましょうよ。
今まで頑張ってきた身体なんですから、堂々と更年期時期から閉経に時期を過ごそうと思う位で調度いいかも知れませんね。
女性の役目の大きさを考える時、深くそう思います。

 

 

更年期症状を乗り切る為の秘策

また、更年期・閉経といった問題と密接して考える事が少ないと思われがちな症状も出る時期あります。脳を始めてとして各器官に衰えがで始めてくるのです。
更年期や閉経特有の症状として自律神経の乱れもや不定愁訴といった状態も、実は女性ホルモンの影響ばかりではないのです。
脳や身体の衰えが原因となって起こる事が判りました。

女性にとって、人生の中でも身体の変化が大きいこの時期は、何となく辛いイメージが付きまとっていますよね?
実際にとっても症状が辛く出て、本当に切ない思いをしている女性も少なくないのです。
こうした時は、専門医の受診をはじめとして、気持ちを高める事が必要になるでしょう。

前向きで明るく過ごしている事によって、症状も軽減されるはずです。
そして、老化も遅らせる事が出来ると言われています。
女性の美と気持ちの持ち方って、とっても深い関係性があるのです。
更年期の症状がではじめる前に、更年期症状を乗り切る為の秘策として、ポジィティブな発想を身に付けて置く事もいいかもしれませんよね?
女性は、更年期を境に老化が始まるとされているのですから、いつまでも若さを保ち続ける為にも、楽観的な物の考え方ってとっても大切になるといえるでしょう。
溌剌として日々生活出来る事によって、女性はもっと輝けると思います。

 

 

関連記事:更年期の症状の改善に、なぜ〇〇が効果があるのか。

 

 

 

 

 

-更年期について
-, ,

Copyright© 更年期を上手に乗り切るためにできること , 2017 All Rights Reserved.