更年期について

更年期の対策方法

更新日:

更年期の症状のひとつ汗

薬のメリットデメリットを考える

閉経に伴って減少する女性ホルモンを補うには、ホルモンを補充する療法があります。
ですが、こうした療法には副作用も伴う事もあります。
メリットとデメリットをよく考えて使う必要がある様です。

しかし薬を使う事に抵抗ばかり覚える必要もありません。
症状を重く辛さを感じる時は、薬で緩和されるならば、用いてみるものいいでしょう。
心理的に、使用する事に躊躇する事で、ストレスになる事の方が良くないです。

閉経する事は、身体が大きく変化する時期になります。
ホルモンのバランスが大きく変化する事によって、人間の心と体は大変な作業をしているのです。
今まで、頑張ってきた心身に感謝して労わってあげる時間にしてもいいはずです。
そういった意味で、自分の体質にあった薬があるならば、使用してみるものいいはず。

 

 

心の健康が一番

薬とは、実に繊細に作用するものだと言えます。
使う人の感じ方によって、効果や副作用が全然違ってくるのです。
薬の投与に対してまでも、心って作用するのだと学びました。

心って、人間の身体の全てをコントロールする部分なんですね。
また、心って見えないだけに不可思議な存在でもあり、難儀な物だと思います。

ですが、心こそ大切だと痛感します。
例え、身は病身であっても心が健康な人にはかなわないと思います。
病身の方を見舞って、逆に元気をもらってしまった。
そんな話を聞く事があります。
心の健康が一番だと教わりました。

 

 

更年期を軽く過ごす為に

心って、人にはどうしてもコントロールしてもらう事が出来ません。
自分で、いかようにもコントロール出来るのだ思います。
心を強く持つ事で、人生を価値的に過ごす事が出来る。
更年期の問題から、心の持ち方を学ぶ事が出来たと思っています。
更年期時期を軽く過ごせる為にも、若い時期からの心の鍛錬って、必要だと思います。
そして、自分を律していく事。
自分には厳しく(ほどほどにね)人には優しく、そんな事が出来たら、最高ですね。
自分が自分らしく元気いっぱいに生きていく。
それが、一番嬉しい事だと思いましたよ。
自分が元気で笑顔で生活している事が、家族を笑顔にするのだと思います。
母は太陽です!
笑顔花咲く我が家のために。

 

 

関連記事:更年期の症状の改善に、なぜ〇〇が効果があるのか。

 

 

 

 

 

-更年期について
-

Copyright© 更年期を上手に乗り切るためにできること , 2017 All Rights Reserved.