更年期について

更年期のよく起る症状について

更新日:

更年期の症状・肩こり

更年期の不定愁訴って?

どこも悪い訳でないのに・・・不快な症状があちこちに出ている。
まさに更年期は、不安定な症状との葛藤であります。
早く終わりたいですね・・・

更年期の症状って、代表的な物が頭に浮かびそうですね。
ですが、実はなんと!症状は50種類もあると言うのですから驚きです。
こんなにあるのですから、自己診断で終わってはいけないと思います。
まずは、代表的な物から挙げていきますね。

 

 

ホットフラッシュ

ほてり・のぼせのことをホットフラッシュとも言います。
そして、このほてりやのぼせを感じた時に発汗を感じる人が多い様です。
この発汗は、運動をした訳でもないのに、全身から汗が噴き出すといった様な症状です。
お天気が暑いわけでもないんですが、汗が滝の様に流れるといった状態になるのです。
これは、まさに自律神経のバランスが崩れている証拠です。

ストレスが溜まっている事で起る事が多いとされています。
そんなストレスが溜まっている状況の時は、疲労しない程度に自分の好きな事に打ち込んだり、軽く身体を動かす事で、ストレスを発散させてくださいね。
ストレスは、万病の元です。自分を大切にする事から始めましょう。
自分を労わる事によって、更年期の症状も軽くなると言われていますから・・・

 

 

血管系の症状

また、ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)に代表的な様に、血管系の症状が現れる更年期症状があります。
訳もなく突然顔がカーッと赤くなってって、身体がほてりだす。
この症状は、更年期症状の中で、一番発症率が高いと言われています。
こうした症状が出る原因として、自律神経が本来持っている機能を果たさなくなっている事が原因です。
自律神経とは、血管を拡張させたり、収縮させたりする働きをするのですが、自律神経も乱れによって、この役目を果たす事が出来なくなったのです。
この影響によって、更年期症状の代表的なほてり・のぼせといった症状が発症されるといわれているのです。

そして、こうした症状が出やすい生活習慣の人は、気を付けて下さいね。
更年期に加えて、ストレスの多い生活・睡眠が不足傾向・夜型の生活習慣こういったは症状が出やすいのです。
こうした生活習慣がある方は、この更年期の時期に生活スタイルの変化にトライしてみる事もいいと思いますよ。
これから始まる、高年齢によくない生活習慣をそのまま移行しない為にも、今が恰好のチャンスになりそうです。
健康な身体は健康な生活習慣から・・・健康で元気な身体で長生きしたいものですね。

 

 

まだまだある更年期の症状。

冷えや不眠といった症状も、更年期の代表的な症状の一つになります。
更年期に入ると、鍼灸治療に通う事を勧める人がいます。
その理由はどうしてでしょうか?

更年期症状の冷えを緩和するためです。
更年期に入ると、身体の一部が冷える事があると言われています。
それは、自律神経が乱れている事によっておこる症状でもあり、ホルモンの分泌が悪さしているといった事で起こる症状になります。

そこで、鍼灸に通う事で身体の血流に効果が期待出来、身体を温めてくれる作用もある鍼灸がよいと言われる理由になります。
鍼灸は、遠赤外線の治療を施してくれる治療院もありますしね。
また、漢方薬の処方もお勧めです。漢方は即効性はないので、半年近くは服用する必要があります。

更年期症状の中でも、眠る事が出来なくなってしまうと、ちょっとしんどくなりますね。
不眠です。睡眠は、人間にとって必要不可欠であり健康的に日常生活を送るには、しっかりと眠る事が肝心になってきます。
眠れない事によって、専門医で睡眠導入剤を頂く事も出来ますが、快適な睡眠をとれる様にする為にはどういった工夫が必要なのか?
まずその点から考えていきたいです。

更年期時期の不眠は自律神経が関係している事も多いのですが、健康的な日常生活を送る事から始めてはどうでしょうか?
睡眠の事をしばし忘れて、適度に運動をする。家に閉じこもってばかりの生活ではなく、外へ出て日光を浴びる事も必要です。
日中の活動が夜の睡眠に深い影響を与えていると考える事が出来ます。
適度にリラックス出来る環境で過ごす事も大切です。
日中に興奮しすぎる行動を取る事で、夜眠る事が出来なくなります。
また、ストレスが溜まりすぎてしまったり・・・忙しすぎる1日だったり・・・
必要以上にオーバーワークになる事で、交感神経が優位に働いてしまい不眠を引き起こすのです。
寝る時間の3時間位前からは目に負担のかかる行為はしない事です。
パソコン作業やスマホ、テレビも就寝3時間前は理想的には見る事はしない方が、スムーズに眠りにつくことが出来ます。
自律神経がコントロースしにくくなっている更年期時期ですから、質の良い日常生活を送る事によって不眠の対策をする事が必要です。
カフェインが好きな方も、1日の飲む量を考える事も対策の一つだったりしますよ。

 

 

ストレスと上手に付き合う

これからの長い人生において、ライフスタイルも質の確保って大切だと思います。
そして、ストレスをためる事が、心身共に一番望ましくない事とも言えます。
自分を大切に、時には自分の思う様に時間を使ってのんびりする事で、ストレスも軽減させる事ができるでしょ? 
更年期症状にもストレスは大敵です。
ですが、ストレスが全くないなんて考えられませんよね。
そして、ストレスは悪い事ばかりではないんです。
軽いストレスがある事によって、心身にも良い影響があるんです。
健康的ではりのある生活のためにも、ストレスと上手に付き合っていきたいものですね。
ストレスに負けない心を持つ事によって、人は大きく成長出来るものです。
成長するためには、ストレスに負けない事。
強い精神力は人生の財産ですから。

 

 

更年期特有の精神症状

更年期症状を経験する中で、動悸や息切れを感じた人も多いでしょう。
ここで、知識として知っておいて貰いたい事があります。
更年期時期の動悸や息切れといった症状は、座っているだけで症状が出たり、身体を横にしている時に、何だかドキドキしてきた・・・
激しく動いている訳でもないのに・・・なんでこうなっちゃたんだろう?
何となく不安を仰ぐ気持ちになってきませんか?
こうした症状が発症した時に、気を付けてもらいたい事があります。
症状が段々重くなる事によって、精神的に追い込まれていく事があります。
こうなった時が、怖いのです。

こうなるのは、まさに更年期特有の精神症状が原因になります。
段々悪い方に考えてしまい、落ち込んでいく…うつ状態が始まる事があります。
閉経に向かっている身体ですから、ホルモンバランスが崩れています。
こういった精神症状が発症する事も稀な事でないのです。
今まで、こういった精神症状の経験なんて全く縁がなかったという方も発症する事があるのも、更年期時期特有の事です。
ちょっとやそっとのストレスなんて、なんのその・・・
どんなことでもかかってこい!そんなタイプだと思っていた人でも、ホルモンバランスが急激に変化する事によって、酷い落ち込みで寝込んでしまった・・・人と関わる事なんてしたくない・・・一人にして・・・こんな状態になる事もある、更年期症状。
こんな時は、気の置けない仲間とたわいもないおしゃべりなんか出来るといいですよね。

例えば、普段なら全く気にならない夫の一言。
きっと旦那さんは、普段通りに会話をしているだけなのに・・・カーと火がついた様になるのですから、驚きでしょうが・・・これも、奥さんが悪いんじゃないんですよ。
更年期特有の症状と知っているといいんですけどね。
女性の方でも、更年期時期が近づく事で自分の心身に変化がある事を周囲の方に伝える事も時として、必要な事かも知れませんね?
予め伝えておく事によって、周囲の方も対応に気を配ってくれる事があるかも?
あくまでも、気を配ってくれてラッキー位に考えていた方がいいかも?
だって、伝えたからわかってくれるはず…なんて思っていて周囲の配慮を全く感じる事が出来ないなんて言う方も少なくないでしょ?
・・・想像するとおかしな光景ですが、実際にこうした光景って想像がつく・・・
人間って、実に難しいものですよね?
上手に周囲の方と付き合って、更年期時期を乗り越える事が出来るといいですよね。

あんまり、周囲の存在が負担になる・・・そんな時は、工夫して過ごしやすい環境や時間を作る事だって時には必要かと思いますよ。
気持ちを汲んでもらえないって、切ないですよね・・・一時、一人になれる喫茶店等で一人心の安定を取り戻す事が出来るのなら、そういった事もやってみて下さいね。
心を落ち着ける事によって、イライラも解決されますから。

また、動悸・息切れが症状として表れる病気もありますから、余り症状が強く出る時は必ず受診して下さいね。
更年期だから仕方ないと思っていたら、実は病変が…なんてこともあるから、気を付けて行きましょうね。
これから、高年齢期に入る身体ですから、年齢的にも検診を欠かす事なく、いつもとちょっと違うと思ったら、まずは受診ですよ。

 

 

肩こり・腰痛、骨密度

身体のコリが感じやすくなるのも、更年期症状が発症する時期になると、急激に増える事が判っています。
その具体的な根拠は骨の老化です。
骨の老化によって関節の痛みも感じやすくなります。
こうした痛みに対応するためにも、体重の管理も大切になってきます。
余りに、体重が重い事も関節に負担を掛ける原因になります。
特に、膝や腰等は注意が必要です。

骨の骨密度を図る事も必要ですし、骨粗鬆症の検査をする事も必要になってくると思います。
更年期時期になると、骨がもろくなっている事に気が付かずに・・・足をくじいた・・・今まではこんなこと位なんともなかったのに・・・と思う方でも、実は骨折していた…なんてことがあるもの。
更年期時期の女性によくあるケースの一つになります。

骨に対する普段からの意識も必要になってくるんですね。
カルシウムの豊富な物を摂取する事。
牛乳や小魚といった様に、口からとれるカルシウムについてもしっかりと摂取しましょう。
また、カルシウムのサプリメントも有効ですし、必要な時は病院でも骨密度検査の時等に相談してみる事もいいでしょうね。
全く健康に不安がない人でも、閉経を迎える時期になって検査してみると、実は骨粗鬆症だったなんてケースがありますからね。

また、肩こり、腰痛は精神面からも症状が表れます。
クヨクヨ悩む事によって、身体の血行に影響があったり、落ち込むという症状は身体の活力を奪います。
こういった様に、精神的な面は即身体に表れてきますからね。
自分を立て直す秘策をもっていたいものです。

 

 

関連記事:更年期の症状の改善に、なぜ〇〇が効果があるのか。

 

 

 

 

 

-更年期について
-

Copyright© 更年期を上手に乗り切るためにできること , 2017 All Rights Reserved.